ビジネスモデル


ビジネスモデルという用語は広く一般的に使われている内容から考えて、手軽に多くの人を短時間に巻き込むことで、

大きなインパクトを狙うことが電子情報技術と結び付けられて語られる用語で、実際の内容に乏しいものが多い。

しかし、原義としては仮説を立てて検証するという精神から発生した高級な言語であり、循環しかつ社会貢献をなすメカニズムをさしていた。

それゆえ、現在の用語には利益メカニズムを追求すると言った側面が強く、

共感や人の和も包括した社会システムに生息する一種の社会科学的な生き物を構築しようというモードには至っていない。

誰にどんな製品・サービスを提供するかという戦略、どのようなコストがかかりどのように収益を上げるかという収益構造などが、

一般的にイメージされている。他に調達や購買、物流などといった視点からもビジネスモデルと捉えることもある。

したがって、ビジネスモデルを構築するとは、このビジネスの全体をイメージで設計する、もしくは実際に製品、

サービス、資金などが回転する経路を設定することという大きな意味合いから、

戦略、収益、SCM(サプライチェーンマネジメント)などという狭義の意味でアプローチされることもある。

また、インターネット上で行われるサービスについては、単純にどのように利益をあげるかという計画もビジネスモデルと言われる。


 
 
プライバシーポリシー サイト利用規約
copyright 2008 PUQ Co.,ltd All rights reserved.